学校英語が変わる!どんな学習法が必要?

英語学習

学校英語の改定

先日の中日新聞の1面に載っていました。

いよいよ2020年から小学校でも英語が教科になります。

これまで小学校では英語の教科書はなかったんです。英語ノートと言うものを使っていますね。

新しい検定教科書は「聞く・話す・読む・書く」の4技能を学ぶように定めているということです。

英語の4技能

この4技能と言う言葉、最近やたらに聞きませんか?

塾でも英語教室でも重視されています。

英検も4技能の能力を図るための試験なんです。

今は小学校の英語は「英語に親しむ」を目的としていますが、2020年からは中学に合わせて「読む・書く」が導入されます。

これからの英語学習は「聞く・話す・読む・書く」のどれが欠けても、十分ではないんです。

学校の英語学習についてはメールマガジンの2日目でもお伝えしていますが、

↓↓↓

小4からでも遅くない!絶対に知っておきたい子供の英語学習・新常識

小学校で習得する単語の数は700とされています。大変多い!と感じます。

これからは英語教室に通っている子とそうでない子との差が恐ろしい程出てくるでしょうびっくり

対策は?

英語教室に通うのが手っ取り早いですが、どの教室でもよいというわけではありません。

英検受験を考えているなら、英検対策をしてくれる教室を探さなければいけません。

教材を買って自分でやることもできます。

英検5~4級までなら、意欲のある子は自分でできるかもしれません。

英検3級からはライティング・スピーキングも入ってくるので、一人では難しいかもしれません。

ライティングはコツをつかむ・採点してもらうことで上達します。

スピーキングは人間相手(できれば家族・友達以外の人)と模擬面接をしましょう。

ライティング・スピーキング対策は通信教育でも出来ます。

お気軽にお問い合わせください。

↓↓↓

お問い合わせ

 

 

タイトルとURLをコピーしました